自宅で作れる!メダカケースの作り方

製作例

概要

メダカケース W150㎜×D150㎜×H100㎜ 板厚 All 3㎜


動画

自宅で作れる!メダカケースの作り方!

製作方法

材料

アクリル板 透明 板厚3㎜ 押出し板

アクリル三角棒 3㎜

工具

工具一覧
アクリル加工を始めるには、たくさんの工具とお金が必要だと思っていませんか?実は、基本加工(カット→接着→仕上げ)に必要な工具は少なく、2万円前後で揃えることが出来ます。紹介する工具は、実際に私が使っているものです。プロ顔負けの作品を一緒に作っていきましょう!

製作の流れ

カット

カット寸 , ()…トリマ処理後の寸法 , 単位は㎜

アクリル板

153×100(97) 2枚  正面板 / 背面板

147(144)×100(97) 2枚  側面板

・163(160)×163(160) 1枚  底板


アクリル三角棒

・長さ100㎜ 4本

・長さ150㎜ 2本

・長さ156㎜ 2本


カットの方法

アクリルのカット方法
アクリルをカットする際に必要な工具は3つだけ!アクリルカッター・カッターマット、そして3つ目が・・・。キレイにカットするためのポイントと方法を紹介しているので、是非参考にしてみてください!
カット面を整える(トリマ処理)
接着の良し悪しはカット後の処理で決まります。プロが行う処理と同等の処理を家庭でもできるように変換しました。正直、この加工ができれば、アクリルで大体のものは作れます。

接着&注意点

正面/背面/側面板を接着します(ロの字型に接着)。

接着方法①
アクリルの接着で一番重要なのは、接着時ではなく○○を怠らない事です!大体の人はこれを怠るために作品のクオリティーを下げています。
接着方法②
接着板を傾けることができない場合に有効な方法です。ただし、若干コツが要るので実践するかどうかはお任せします。

注意点

今回は水を張るため、底板側の接着が重要です!

接着準備の際、どちらが底板側か分かるようにしてください(写真ではソコ側と記入)。

必ず、セットの段階で段がないか確認します。

接着方法①を参考に接着してください。


三角棒の接着

三角棒は本体から出っ張るように接着します。

三角棒の接着はとても簡単です。

まず、三角棒を貼る場所に接着液を流します

あとは三角棒を付けるだけです。三角棒は手でなぞるように付けます。

※見やすくするために、写真では素手で接着していますが、接着の際は手袋をしましょう

余分な接着液はキッチンペーパーで拭きとります。

四隅すべてに三角棒を接着します。

仕上げ

三角棒の出っ張りを削る

やすりを使えば、簡単に削ることができます!


不要な部分を削る

今回は、底板接着の前にトリマをかけます。

仕上げ(トリマ処理)
製品に必要ない部分をトリマで削っていきます。紙やすりでも代替可能ですが、トリマを使った方が楽&キレイに仕上がります。どちらを選択するかはお任せします。

面取りも忘れずに!


艶出し

艶出し(仕上げ)は底板接着後でも構いません。

仕上げ(磨き)
アクリル加工の醍醐味!アクリル側面に光沢を出す方法です。プロが磨くと、どちらから接着したか分からないほどキレイになります。そんなプロ顔負けの加工方法は…

底板接着

底板を接着します。

接着方法③
接着箇所が多い場合は○○をしない事が重要です。特に押出し板の場合は、○○をしてしまうと、板が溶けすぎてしまいます。その○○とは…

三角棒の接着

側面側から接着します。

側面の三角棒は本体と同じ長さ(長さ150㎜)

三角棒は外側に接着します。

側面の次は正面/背面側です。

左右3㎜ずつ長いです。

貼り付けた後、角をやすります。

キズや液だれを消して完成です!

仕上げ(キズ消し)
アクリル表面に付いたキズを消すことは簡単です。ただ、この簡単な方法が紹介されているところを、私は見たことがありません。とても不思議です。慣れれば1分程度で済む作業なので是非チャレンジしてみてください!

さいごに

通常、水槽を製作するには膨潤接着or重合接着と呼ばれる方法で接着します。さらに、水圧による板のたわみを計算して板厚や構造を決めています(アクリル水槽にはフランジと呼ばれる補強が付きます)。

今回はあくまで、水が漏れづらいアクリルケースで、長期使用には適しません。また、今回の構造(補強なし)板厚3㎜は今回の大きさがMAXと考えてください。

高さを150㎜にする場合は、板厚4㎜を使用することをオススメします(水圧は水量ではなく水深によって決まる!)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました