スポンサーリンク
アクリル板について

アクリル板メーカーと板厚の選び方

DIYに使われる押出し板の代表的なメーカーは4社のみです。個人的には○○のメーカーが一番加工しやすいと思っています。金額、入手しやすさを考慮して選んでください。
製作例

【アクリル製 水車】の作り方

難しいのはカットのみです。接着自体は簡単なので是非チャレンジしてみてください。
加工

仕上げ(キズ消し)

アクリル表面に付いたキズを消すことは簡単です。ただ、この簡単な方法が紹介されているところを、私は見たことがありません。とても不思議です。慣れれば1分程度で済む作業なので是非チャレンジしてみてください!
工具

トリマの使用方法

プロ並みに加工できるかどうかは、トリマが扱えるかどうかにかかっています。安全にトリマを使用する方法を解説しているので必ず読んでください!
加工

仕上げ(紙やすり処理)

製品に必要ない部分を削る作業です。私は、トリマが使えない小さい材料のみこの方法を使っています。
加工

仕上げ(磨き)

アクリル加工の醍醐味!アクリル側面に光沢を出す方法です。プロが磨くと、どちらから接着したか分からないほどキレイになります。そんなプロ顔負けの加工方法は…
アクリル板について

キャスト板と押出し板の違い

アクリル板の種類は2種類しかありません。キャスト板と押出し板のみです。使用用途に応じて選ばなければ、無駄に高いお金を支払うことになります。
加工

仕上げ(トリマ処理)

製品に必要ない部分をトリマで削っていきます。紙やすりでも代替可能ですが、トリマを使った方が楽&キレイに仕上がります。どちらを選択するかはお任せします。
加工

接着方法①

アクリルの接着で一番重要なのは、接着時ではなく○○を怠らない事です!大体の人はこれを怠るために作品のクオリティーを下げています。
加工

カット面を整える(紙やすり処理)

接着の良し悪しはカット後の処理で決まります。私は、材料が小さい(手で握りこめる程のサイズ)場合は耐水紙やすりで処理しています。金額を抑えたい方にオススメの方法です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました