仕上げ(キズ消し)

加工

アクリルは大変キズ付きやすい素材です。

今回は、アクリル表面に付いてしまったキズの消し方を紹介します。

とても簡単なのでチャレンジしてみてください!

全体の流れ

プロが教えるアクリル加工 基本~キズの消し方~

詳細

通常、アクリル板にはキズ付かないように保護紙が張られています。

この状態では、キズ付きません。

しかし、加工する段階で保護紙を剥がす必要があります。

すると、気がつかないうちにキズ付いていることがあります。

キズを消すときは耐水紙やすりを使用します。

キズの深さによって使う番数を選びます。以下は目安です。

・爪が引っかかる→#400~

・爪が若干引っかかる→#600~

・爪は引っかからない程度のキズ→#1000~

・ほとんど目立たないキズ→研磨剤のみ

今回は「爪が若干引っかかる」程度のキズを消していきます。

水をつけて…

#600で擦ります

※注意…600より粗い番数の場合は、あまり擦りすぎない!

キズを消す作業=キズの深さまで表面を削る」ことです。

あまり深く削りすぎると、研磨剤をかけた後、歪んでしまいます。

#600の場合はキズが目立たない程度で良いです。

次に#1000で擦ります。

#600よりも広範囲に擦ります。

続いて#2000。

さらに広範囲に擦ります。

最後に研磨剤。

水拭き・乾拭きをして終了です。

before

after


今回使用した工具

工具一覧
アクリル加工を始めるには、たくさんの工具とお金が必要だと思っていませんか?実は、基本加工(カット→接着→仕上げ)に必要な工具は少なく、2万円前後で揃えることが出来ます。紹介する工具は、実際に私が使っているものです。プロ顔負けの作品を一緒に作っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました