仕上げ(磨き)

加工

正直、他のプラスチックではアクリルのような光沢は出せません。

プロが磨くと、どこから接着したか分からないほど一体化して見えます。

アクリルの醍醐味である磨き、是非チャレンジしてみてください!

全体の流れ

プロが教えるアクリル加工 基本~仕上げ~

詳細

耐水紙やすりの#600・#1000・#2000を用意します。

カット→小口処理を行ったものを用意

カット→紙やすり処理を行ったもの

カット→トリマ処理を行ったもの

磨き作業は、両者共通です。

では、早速磨いていきます。

水を吹きかけ…

#600でやすっていきます。耐水紙やすりは、小さく切ると扱いやすいです。

磨く幅は、板厚+2㎜程度。

#600でやすり過ぎると、歪んでしまいます。

液だれ・段差があまりない場合は、10往復程度で良いと思います。

続いて#1000

#600よりも2㎜ほど広範囲にやすります。

やする回数は#600より多めが良いです。

最後に#2000。

先ほど同様、約2㎜広範囲にやすります。

水拭き・乾拭き。

このままだと、やすり跡が残っているので、こちらを消していきます。

研磨剤とウエス(布)を用意。

磨いていきます。

磨き終えると光沢が出ます。

磨きを行うと、このように接着側がどちらか分かりづらくなります。


今回使用した工具

工具一覧
アクリル加工を始めるには、たくさんの工具とお金が必要だと思っていませんか?実は、基本加工(カット→接着→仕上げ)に必要な工具は少なく、2万円前後で揃えることが出来ます。紹介する工具は、実際に私が使っているものです。プロ顔負けの作品を一緒に作っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました