トリマの使用方法

工具

はじめに

トリマは何をする機械かというと…

ビットと呼ばれる刃を高速に回転させるだけの機械です。

※左/ストレートビット 右/ルータービット

ビットを変えれば、削る溝を掘る角を丸くする等々、さまざまな加工ができます。

トリマは、木工加工で使用されることが多いですが、アクリルでも使用することができます。

注意点

今回紹介するトリマはアクリル板厚5㎜以下で使用してください

6㎜以上で使用すると、抵抗が大きいため、はじかれる危険性があります。

削る幅は2㎜以下

慣れないうちは、2㎜以下が良いと思います。

③正しい持ち方で扱う!

下記「基本的な持ち方」参照。

④トリマのかけ方に注意

下記「材料を削る」参照。

基本的な持ち方

前側はこのように刃がむき出しになっています。

後ろ側は保護されています。

必ず保護されている側を持つようにしてください。

ビットの合わせ方

メーカーによって仕様に違いがありますが、基本的には透明の台座をゆるめることが多いです。

今回紹介するトリマは、前面にストッパーが付いてます。

ストッパーを外すと、簡単に緩めることができます。

赤い線の上の部分をくるくる回すと…

ビットを上下できます。

位置を合わせたら、再びストッパーで台座を締めます。

材料を削る

材料を削るときは、ルータービットがオススメ!

まず、削る材料を固定します。クランプで固定することをオススメします。

ビット位置を調整します。

ルータービットの場合は、材料の下2~3㎜の位置にローラーがくるようにします。

※ルータービットはガイド(写真では木の板)に沿って削っていきます。つまり、ガイドが円の場合は、アクリルの形を円にすることができます!

スイッチをON!必ずトリマを持ちながらスイッチを入れてください。

注意

・スイッチを入れてから材料を削っていきます。

 材料にビットを当てた状態でスイッチを入れるとはじかれます。

・手前から奥に向かって削っていきます。

 逆にかけるとはじかれます。

※かなり粉が出ます。

以上で解説終了です。

メーカーの取り扱い説明書も読むようにしてくださいね。


カット面を整える(トリマ処理)
接着の良し悪しはカット後の処理で決まります。プロが行う処理と同等の処理を家庭でもできるように変換しました。正直、この加工ができれば、アクリルで大体のものは作れます。
仕上げ(トリマ処理)
製品に必要ない部分をトリマで削っていきます。紙やすりでも代替可能ですが、トリマを使った方が楽&キレイに仕上がります。どちらを選択するかはお任せします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました